FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

定点観測のススメ

2010/05/20

5月から6月にかけては新緑が美しく、
生命力豊かな季節です。

この季節からお薦めしたいのが「定点観測」です。

いつも行く公園の花壇、木などの草花、日の出、日の入りの様子など、
季節によって変化するものを一か月くらいのペースで同じ場所、時間に観察します。

そして写真などの記録を撮っておきます。


定点観測②



こういった観測をすることで、
生徒の自然に関する洞察を深めます。

実は、こういった事は中学生になってからも役立ちます。
授業で行う学校もあるくらいですから。


子どもの観点ですから、厳密でなくとも構いません。

自然が生きているものであり、
常に変化している事、いつもと違う事に気がつくことが大切なんです。

定点観測③


こういった経験が、様々な学習において理解を深める手助けをします。


エールで実施している全員課題の「エール作文」も、
そういった観察眼の能力増強が、目的のひとつです。



もうひとつ定点観測をお薦めします。

それは、“ご自分”と“お子さん”の「定点観測」です。


お子さんに関して、今の状態をいくつか書きとめておきます。

そして、その時点から一ヶ月後、その中で少しでも良い変化があったら、
「できるようになったね!」とその変化を褒めてあげるんです。

今、できている事ではなく、
今、変化があったことを褒める。

これなら、「何も褒めるところがない」という状態でも見つけられますよね。

何もなければ、
「たった100グラム体重が増えた」という変化でもいいのです。

「わー、大きくなったねー!」。

それだけでも、子どもはうれしいものです。


そして、ご自分自身についても、もし、「怒らない」ようにするのを目標にしていたら「先月は一日5回、怒ってしまったけど、今月は4回以下の日が10日もあった!」という感じでご自分の成長にも定点観測をするのです。

定点観測は、ご自分の「今」を正確にとらえるのに非常に効果的です。

以前にできていなかったことが、「今」はできる。

状況は必ず変化する。

その事を実感できますよ。

定点観測④


エール塾長も、何かしらの”自分定点観測”を実践してみます(^o^)
10:01 学習 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示